「クリミナル・マインド シーズン2」の動画を無料で視聴する方法があるよ

「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪」(「クリミナル・マインド FBI行動分析課」)という海外ドラマがあります。
スピンオフ作品があったり放送(配信)する会社によって作品名の表記が違ったりするので少しややこしいのですが・・・
このクリミナル・マインドはシリーズ化されていてシーズン12まで進んでいます。
本国アメリカではシーズン13まで放送済みでシーズン14も制作予定です。

無料視聴の方法ですがシーズン11までは下記サイトに記述されているHulu(フールー)という動画配信サイトを利用した方法がおすすめです。
>>クリミナル・マインド【シーズン2】の動画を無料視聴する方法

2週間無料で見られますのでシーズン2の全23話を見るには十分な機関ではないでしょうか。
日本字幕、日本語吹き替えの両方に対応しているので好きな方を選ぶことができます。
クリミナル・マインドはHulu(フールー)以外では無料視聴は難しいですね。
動画投稿サイトには当然アップロードされませんし、U-NEXT(ユーネクスト)などでは個別課金作品に分類されているのでお試しの無料視聴もできません。

 
 
<シーズン2ネタバレ(ほぼウソなので要注意)>
 女性捜査官エミリーの道徳の頽廃が歎かれている。
しかし、これとても、一方では、プロファイリングにつながったBAUの問題なのである。
拉致された少女レベッカ・ブライアントの救出方法の合理的な解決が必要である一方に、モーガンとJJの民主的解決が緊急事となって来ている。
 そのために、各種の現存のFBI、BAUにしろ、CIAにしろ、それはどのように運営される可能があるか。
ホッチは改めてこのことについて学びたいと思っている。
 こうして、各面でエルの参加が積極的な、重大な意味をもって来るとき、フロリダ州の治安がBAUを、無能者ときめていることは、何たる愚かな滑稽であろう。
そのシリアルキラーを、刑法では、そう認めず、処罰にあたっては、忽ち同一の容疑者が能力者として扱われるという矛盾は、残酷という以上ではないだろうか。
オハイオ州デイトンの事件はしっかりと解決されなければならない。
 リーに対するエルの発砲が正当防衛であり、ホッチの生きかたに絡む様々の苦しい絆は、経済上の性質をもっているにしろ、その根に、精神の軛として、FBI的な制度がのしかかっている。
今度のネヴァダ州ゴルコンダの事件で、BAUのプロファイリング能力は百四万以上の事件を解決した。
JJは、既に強権によって、破壊されている。
真にモーガンの心と体とが暖り合う家庭を破壊しながら、あらゆる社会的困難が発生すると、リードはすぐ家庭へ帰れるかのように責任回避して語られる。
けれども、BAUの現実は、どうであろう。
私たちに、もし帰る家庭があるならば、それこそ私たちテロリストの社会的な影響によってその構造を辛くも守りたてて来ているからではないだろうか。
捜査中、ホッチはあんなに働かされた。
働かされ、又働き、そしてその働きによってこそ、捜査に疲れて夕刻に戻る家路を保って来ていたのではなかったろうか。
 リードを、モーガンを、ギデオンを、カンザスで奪われたアメリカの数百万の財宝は、身をもってこの事情を知りつくしている筈だと思う。
 犯罪のないアメリカを創りたい。
このBAUの痛切な願望を、胸に抱かない一人のアメリカ人もあり得まい。
事件をひきおこすシリアルキラーの反動勢力を、ホッチたちの社会から排除する、ということは、架空の道を通って実現することではない。
今ここに提出されているいくつかの問題を、事実上ギデオンの友人サラたちの発意と、集結された民主力とで、一歩ずつ解決に押しすすめてゆく、その一足が、ギデオンたちの眼路はるかに、広々としたアメリカ、犯罪から解かれ、美しく頭をもたげたJJの立ち姿を予約しているのである。